いいの悪いの?婚約指輪をつけていっても良い場所と悪い場所を知っておきたい。
Show MenuHide Menu

婚約指輪着けて良い場所悪い場所を知っておきたい

人生の中で最大のプレゼントと言えば、女性にとって婚約指輪以上の物はないでしょう。

でも婚約指輪っていつはめればいいのか?わからないという方も少なくありません。

結婚指輪は通常、仕事などで支障がない限り外すことのない指輪ですが、婚約指輪の場合、結婚指輪とは普段はめるようなデザインじゃありません。

勿論、ふだんつけていられるようなデザインのものもあります。

最近は結婚指輪とダブルで利用できるような組になったリングも流行っていますよね。

でも、立て爪のダイヤモンドのリングなどは普段からつけるというわけにもいきません。

着けて良い場所というと、やはりパーティや結婚式などおめでたいお席でしょう。

マナーとしては女性の場合、フォーマルなお席にいつもと同じジュエリーとつけていってはよくありません。

こういう時こそフォーマルな装いにぴったりの婚約指輪をつけていくべきでしょう。

同窓会などにもつけていくという方が多いですね。

では着けて行くことが悪い場所というと、当然のことですが、普段つけているからと言って仏事の際に婚約指輪とつけていくのはタブーです。

結婚指輪の場合、外すことはありません。

でも婚約指輪は外しましょう。

■参考サイト:婚約指輪の徹底調査サイト